投資の損益2021.10

2021年10月の投資の損益結果を発表していきます。また、投資に関しては初心者であまり知識がありませんので、勉強したことを書いていきます。

まずは、2021年10月の投資による損益の結果を報告したいと思います。

結果2021年10月

含み損益(円) 前月比(円)
投資信託 + 1,424,909 + 346,298
ETF&個別株 + 3,231,220 + 1,454,004
仮想通貨 + 104,721 + 133,698
TOTAL + 4,760850 + 1,934,000

配当金 60.83$(税引後)    2021年TOTAL 1092.72$(税引後)

10月の市場は伸び悩みそうな懸念が出ていましたが、終わってみると全体的に大幅なプラスで終えることができ、含み益が前月より約200万円増加しました。アメリカではナスダック、NYダウ、S&P500が揃って最高値を更新し、勢いが止まりません。というのも10月は大型企業の決算発表があり、ほとんどの会社で予想を上回る内容だったことが起因しています。その中でも自動車メーカーのテスラの伸びがとてつもないですね。テスラに関しては、あとから詳しく見ていこうと思います。しかし、日経平均やTOPIXがずっと横ばいなのをみると、いかに日本が成長できていないのかが実感できます。やはり中長期で投資するならアメリカに投資する方が無難だと思います。
そして、ビットコインも注目です。今年4月にかけ大幅に上昇し高値を記録、その後7月には約半分まで下落しましたが、10月には再び上昇し、最高値を更新しています。そして、イーサリアムも10月に最高値を更新しております。SHIBA INUなんかも急激に伸びていますね。ただ、やはり暗号資産はボラティリティが激しいですね。6月のIronTitaniumを思い出します。確か最高値を更新した次の日に42億分の1(ほぼ無価値)まで暴落してましたね。
関連記事

2021年9月の投資の損益結果を発表していきます。また、投資に関しては初心者であまり知識がありませんので、勉強したことを書いていきます。 まずは、2021年9月の投資による損益の結果を報告したいと思います。 結果2021年9月 […]

注目銘柄 TESLA

今回は成長が止まらないテスラ社を紹介したいと思います。テスラは電気自動車メーカとして有名なアメリカの企業です。2003年に設立され、はやくも時価総額1兆ドルを突破し、フェイスブックを超えました。株価も2020年頃から急激に伸び始め、2021年10月の決算後に1000ドルを突破しています。電気自動車の他にも太陽光パネルや蓄電池の生産も行っています。

2021年10月のQ3決算発表では売上、純利益ともに過去最高を記録しています。世間ではコロナ禍で半導体不足が叫ばれ、日本でも各自動車メーカーが生産をストップしたりしていますが、テスラにはあまり影響がないようです。また、レンタカー大手のハーツ(Hertz)がテスラの自動車を10万台導入すると発表して、さらに株価は上昇しました。僕もオーストラリアでレンタカーを借りた時はハーツを利用しましたが、値段もお手頃で安心して使うことができました。たまに海外のレンタカーはぼったくられると聞きますがそんなことありませんでした。その時は車種にテスラという選択肢はなかったのですが、今後選択できるなら一度乗ってみたいです。なんといっても時速100キロに到達するのに3秒かからなかったと記憶してます。それでアメリカみたいな広大な道路を自動運転できたらめっちゃ快適だと思います。

そして、テスラで忘れちゃいけないのがCEOのイーロン・マスク氏です。たびたびツイッターなどに登場し、そのたびに発言が物議を醸していますね。彼はテスラの株価上昇の影響で人類史上初の資産3000億ドルを突破しています。3000億ドル=約34兆円です。とてつもない金額ですね。他にも彼は、宇宙関係の会社等も経営していますので、さらに資産は大きくなります。

まとめ

10月のアメリカ市場は多くの企業が良い決算を発表しとても強い結果となりました。グーグルマイクロソフトは絶好調ですね。ただし、決算を失敗した企業もあります。アップルアマゾンです。アマゾンは前回もミスして株価を大きく下げていますから今後に期待ですね。今後テスラがどこまで株価を伸ばしていくのかも注目です。そして、11月はテーパリングが発表されるかもしれないので特に目が離せません。しかし、通例でいくと11月の米国株は強い傾向にあるのでそこらへん注目していきたいと思います。

 

 

最新情報をチェックしよう!